メニュー

睡眠時無呼吸症候群

 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome;SAS)、通称SAS(サス)についてお聞きになったことはあるでしょうか。肥満の方や首が太く短い方、あごの小さい方、また、いびきや日中の眠気や倦怠感、不眠、起床時の頭痛、インポテンツ、抑うつ、夜間頻尿などの症状のある方は注意が必要です。

 SASは日中の眠気から健常な人に比較し、交通事故の発生率が高いとされています。さらにSASは生活習慣病(高血圧、糖尿病)や心不全、冠動脈疾患、不整脈、大動脈解離などとの関係が指摘されています。例えば、高血圧の治療は通常、食事療法+運動療法から取り組み、改善が見られない場合に降圧剤を追加するのが一般的ですが、降圧剤を追加しても血圧を十分にコントロールできない治療抵抗性高血圧の方がいらっしゃいます。この治療抵抗性高血圧とSASの関係が指摘されています。

 SAAの検査には、簡易検査があり、ご自宅で手と顔にセンサーを付け、睡眠中の呼吸(いびき、気流)と血液中の酸素濃度、脈拍を調べることが可能です。この簡易検査で確定診断が困難な場合は、入院での精密検査(ご紹介)が必要となります。

 SASの治療には、内科的治療、外科的治療、歯科装具などがあり、患者さんの状態に合わせて様々な方法があります。中等度以上のSAS患者さんの場合、一般的にはCPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)が行われています。

 当クリニックでは、SASの簡易検査を行っております。SAS簡易検査は診察と予約が必要ですので受診時に医師にご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME