メニュー

不整脈

 不整脈とは、心拍が遅すぎる、早すぎる、あるいは不規則、不十分である状態のことを言います。

 不整脈の原因については遺伝性に生じる場合や心筋梗塞、心臓弁膜症、心筋炎、先天性心疾患などに伴い不整脈が生じることもあります。また、一部の不整脈は高血圧、甲状腺機能亢進症、肺疾患、心臓手術後、電解質異常、薬剤性、加齢によって生じ易くなることがあります。

 不整脈の症状としては、動悸、めまい、失神、脈が飛ぶ(脈の欠損)、胸の違和感、息切れなどがありますが、症状がない場合もあり、健康診断で指摘されることもあります。特に治療を必要としない不整脈もあれば、不整脈の結果として塞栓症(脳梗塞など)、ショック・突然死に至る場合があります。

診断;

 当クリニックでは来院時の心電図(安静時の12誘導心電図)や24時間心電図(ホルター心電図)で診断します。必要に応じて採血、X線検査、心エコー検査なども行い、不整脈の原因となり得るものを調べます。中には運動負荷による検査、心臓カテーテル検査を必要とする場合があり、このような場合には連携病院などへご紹介いたします。

治療;

 当クリニックでは、先ず治療すべき不整脈かどうかを見極めご説明します。治療が必要な場合、原因の改善、抗不整脈薬などによる薬物治療を行います。中には緊急性のあるもの、電気ショックや植え込み型除細動器、心臓ペースメーカー、心臓カテーテル治療を必要とする場合があり、このような場合には連携病院などへご紹介いたします。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME